BXI Builingual System started translating.
Language

足のしびれ

岳鍼灸整骨院 TOP > 足のしびれ

足のしびれがだんだん気になってきたら

しびれには大きく分けて二種類あります。

①骨盤や骨格の位置がずれて神経が圧迫されること(神経障害)
②血流が悪くなること(血流障害)

足のしびれは、症状が軽いと軽視されがちですが、早期発見・早期治療が、今後の生活にも影響します。

岳鍼灸整骨院では根本の歪みの解消を行い、神経の圧迫をなくすため、しびれが出ている箇所にのみ施術を行うだけではなく、全身の骨格のゆがみを整える施術を行っていきます。
なぜなら、手足のしびれの原因は全身の骨格のゆがみや、神経を圧迫している箇所がしびれの出ている場所と違うケースが多いからです。

こんな方におすすめ

  • お尻から足の方へかけてしびれがある
  • 腰痛を我慢していたら足にしびれを感じるようになった
  • 長時間、長距離を歩くと足がしびれてくる
  • 頻繁に手や足の先にしびれを感じる
  • 歩くのがよろけて不安定
  • 階段を下りる時に手すりが必要
  • つま先立ちができにくくなった
  • スリッパが抜けやすくなった

しびれの症状

手足のしびれ感は脊髄の病気や坐骨神経痛で発生します。
脊髄や末梢神経が傷ついておきる現象です。

足のしびれなどの症状が、何のきっかけもなく起こり、次第に強くなっている場合は、早めに整形外科専門医、特に脊椎脊髄病医を受診し、正しい診断を受け、早期の治療を開始する必要があります。

坐骨神経痛

坐骨神経痛を起こす原因として椎間板ヘルニア、変形性脊椎症(骨が変形してトゲが出てしまう状態)、 脊椎分離すべり症、脊柱管狭窄症、お尻の筋肉の緊張による神経の絞扼などがあげられます。

特徴
坐骨神経痛の症状は、おしり~太ももの裏~ふくらはぎ~足の甲、足の横の部分や足の裏まで といった具合に神経の走行に沿ったしびれや痛みのことを言います。
長時間立っていたり逆に座っていたりや、太ももの裏を伸ばすようにおじぎをするような動作でしびれや痛みが出る場合が多いです。

頚椎症性脊髄症

頚は、頚椎と呼ばれる7つの骨により構成されています。
頚椎の加齢による椎間板の変性(老化現象)や靭帯が厚く硬くなることなどにより、頚部の痛みなどの症状が発現したものを総称して、頚椎症と呼んでいます。
障害される部位により、頚椎症性脊髄症、頚椎症性神経根症と呼ばれます。

特徴
神経根や脊髄が圧迫され、頚や肩甲骨付近の痛みや、頚肩から腕や手にかけて痛みやしびれを生じることもあります。

腰椎分離症

腰痛(腰のベルトのあたりの痛み)の場合と、お尻や太腿の痛みを出す場合があります。
痛みは腰椎を後ろにそらせた時に強くなります。

特徴
神経根や脊髄が圧迫され、頚や肩甲骨付近の痛みや、頚肩から腕や手にかけて痛みやしびれを生じることもあります。

ご注意

・注意書きを書きます