BXI Builingual System started translating.
Language

交通事故

岳鍼灸整骨院 TOP > 交通事故

交通事故に遭って怪我をしたら

交通事故により最も多い怪我は「むち打ち」だと言われています。
つらいむち打ちでお悩みの方、ますは当院での治療へお越し下さい。

交通事故の症状は事故状況によってその症状が遅れてやってきたりします。自分は大丈夫だと思って放っておくと、治療が長引く可能性があります。

岳鍼灸整骨院は、適切な治療と誠実なサービスを通じて、交通事故でのむちうちによる「身体の痛み」と「心の不安」をお持ちの方に、心身における健康を取り戻していただけるようサポートを行っております。
  • 交通事故後、吐き気やめまい、頭痛がする
  • 病院等のレントゲンでは異常がないのに首に痛みが出る
  • 保険のことがわからず困っている
  • 湿布薬や電気治療だけでは心許ない

怪我の自覚症状が無くても診察を

交通事故を起こした・交通事故に遭ってしまった場合は、放って置かないで一度受診されることをお勧めいたします。

痛みなどの自覚症状がほとんどない場合には、放置される方もいらっしゃると思います。ただ、交通事故にあった初期には自覚症状がなくても、後から痛みなどを感じられる方も多くおられます。

自覚症状がない場合でも、首、腰、膝などに少しでも、普段かからない負荷がかかったと感じたら、すぐに適切な医療機関で診察を受けてください。

また事故に遭われたショックなどで、その時の感覚がよくわからない場合でも、医療機関で受診されることをお勧めいたします。


痛みを感じる場合には、整形外科等の病院で精密検査、画像診断を受けていただき、その上で、特に異常が認められない場合には、岳鍼灸整骨院にお越しください。

※医師からの許可があれば、整形外科等と整骨院の両方を受診することも可能です。

交通事故治療の流れ

STEP1事故時の対応

事故に遭ったら、まずは加害者の運転免許証を見せてもらい、名前や連絡先を確認しましょう。
可能であれば加害者の加入している自動車保険や自賠責保険、車のナンバー等も情報として残しておきましょう。

事故現場の様子を図で作成したり、写真で残すようにしましょう。
現場の様子を保存することで、詳細を警察に伝えることが出来ます。

STEP2病院での診察

痛みがなくても、必ず病院での診断を受けましょう。
その際事故の「診断証明書」を発行してもらいます。
(仮渡金請求などの手続きに必要になります。)

STEP3保険会社への連絡

事故に遭った旨を加入している保険会社へ連絡をしましょう。

また、加害者の保険会社から連絡が入った場合に、担当に岳鍼灸整骨院に通院する旨を伝えてください。

通院する医院は患者様に決定権がありますので、必ずしも最初に通院した病院にしか行けない、という事はございません。

STEP4診断・状態の確認

ご予約いただき、ご来院ください。

事故に遭われた際の状況・現在の症状・病院の診断内容などをじっくりとお聞きします。

STEP5施術

手技や鍼灸治療など、お聞きした内容をもとに、症状や患者様に合った施術を行います。

STEP6今後の施術の説明

身体の状態の説明や施術方法や期間、日常生活の注意点をご説明いたします。

STEP7施術の終了

長い施術期間が終わり、日常生活に問題ないと判断された場合は、すべての施術終了となります。
保険会社に施術終了の報告を入れます。

整骨院は厚生労働省の許可を得ているため、事故患者様の負担金はありません。
※一部例外もございますのでお気軽にご相談ください。

事故後の保証について

1.治療費
2.交通費(公共交通機関、タクシー、有料駐車場 etc...)
3.休業損害費(自賠責保険基準で1日5,700円~19,000円 要証明)

事故後の施術期間について

交通事故には決まった施術期間はありません。
『施術の効果がなくなるまで』が補償の対象となる施術期間です。

相手の保険会社が、「施術期間は〇ヶ月とし、それ以降の治療費は負担しない」などと言ってきたとしても、必ずしも施術そのものをやめなければならないわけではありません。

平均的な施術期間は3~4ヶ月。早い方で1週間~10日程度が目安です。
交通事故によるケガの場合、むちうち症は3ヶ月が一般的となっています。
打撲であれば1ヶ月、骨折の場合は6ヶ月です。

ですが、もちろんケガの重度により通院期間も変動します。

また症状が軽減されたからといって、完全に治癒したとはいえません。
事故の後はきっちりと治しきることが大切です。

※上記に当てはまらないケースもございますので、詳細はご相談下さい。

自賠責保険について

正式には「自動車損害賠償責任保険」と呼ばれ、自動車、原付自転車を使用する際に加入が義務づけられている損害保険です。

公道を走るすべての自動車やバイク(原付含む)に加入が義務づけられており、一般に「強制保険」とよばれています。

運転中に他人にケガをさせたりした場合、被害者への損害賠償金を補償します。
補償範囲は、国により「支払基準」が定められています。
傷害による損害では、被害者1名に対して治療費・休業補償・慰謝料・交通費などを含めた総額120万円が補償されます。

つまり、交通事故被害者を守るため、泣き寝入りしないために国が最低限の補償をしてくれる制度です。

被害者の保護を目的としています。
本来は保険の契約者である加害者が保険金の請求を行うので、被害者も自賠責保険に対して請求できます。
被害者が請求を行う場合は保険金の請求ではなく損害賠償の請求と呼ばれますが、被害者にとっては同じ金額が補償されます。